頭頂部の薄毛に集中して刺激をしています

私がAGA薄毛になっていると気づいたのは、40歳になった時でした。その時、よくわからなかったのです。そんな時主人から、後ろ姿を見たときにおばさんになっていると言われて気づいたのです。そういえば、後ろ姿を見ることなんて、そんなにないですね。そのため、頭頂部が薄毛になっていることに、気づきませんでした。

 

そして気づいた時は、相当なショックを受けたのです。そしてなんとかしたいと感じました。まず育毛剤を買ったのです。それは、頭頂部に集中的につけてマッサージをします。とても気持ちがいいので、そのことが習慣となりました。

 

気持ちがいいというのは、やっぱりその部位の血流が悪くなっているということがわかります。そのため、時間がある時にはブラシでしっかりとブラッシングをしたり、頭頂部をマッサージしたりしています。

 

すると、とても爽快感があるのです。血流が良くなっているのか、頭頂部の抜け毛が少なくなりました。やっぱり刺激をすることがとても大切ということですね。