かつらを選ぶなら、どう隠すかではなく似合うかどうかで!

かつらを着用する人には、できるだけかつらだとバレないように徹底したい人とバレても気にしない人がいます。女性から見ると、必死に隠している人に比べればバレバレのかつらでも平気な人のほうが潔いという点では好感が持てます。しかし、「かぶっていれば良い」というだけで似合っていない、もしくは明らかに浮いているかつらは、美的感覚の面で嫌煙されがちです。かぶれば良い、隠すことができれば良い、というだけでなくきちんと「似合う」を意識してほしいというのが女性の意見です。では、どうすれば自分に似合うかつらを見つけられるのでしょうか。

 

ポイントは、自分の好みやなりたい髪型よりも自分の見た目に考慮することです。年齢は勿論のこと、顔つきや体型などの客観的な印象からイメージできる髪型を探します。家族や親しい友人から意見をもらうと良いでしょう。また髪の毛が豊富だった頃のヘアスタイル遍歴から、似合う似合わないをある程度知ることもできます。女性から見て「無理しているな」や「もうちょっとビジュアルに気を使って!」と感じるのは、それが本人に似合っていない時です。隠したい気持ちが大きいのは自然ですが、AGAによって薄くなった頭頂を隠すだけが目的では見た目は自然にはならないのです。