効果のある発毛剤は医薬品

本気で発毛させるために発毛剤を使用するなら、埼玉で薄毛治療の病院に通うか、購入時に薬剤師の許可が必要となる第一類医薬品の発毛剤がおすすめです。これはミノキシジルを配合したタイプで、日本で最も効果が高いと言われています。中でもミノキシジルを5%配合したリアップX5は発毛剤の最高峰と言われています。第二類・第三類の医薬品は気軽に購入できますが、肝心の効果は劣ってしまうのです。医薬部外品の場合は予防対策を目的としており、発毛より抜け毛を減らすことが目的と考えてください。医薬品以外の場合は発毛剤ではなく育毛剤という呼び名になっていることが多いです。

発毛剤は確実に髪が薄くなっていると感じたとき、育毛剤は抜け毛が増えてきたと感じたときが使用するタイミングです。育毛剤は作用がマイルドなので、20歳前半くらいから使用している方もいます。薄毛になる遺伝体質であっても、若いころから育毛剤で予防をしておけばボリュームを維持できる可能性が大きいです。薄毛対策で一番やってはいけないことは、薄くなっていると自覚している状態で放置することです。